テテフイテテ

おれはひとりの修羅なのだ