東ッタゆらぎ

先日あったことを記します

『ラブドール』 最終話 諦め

そう、私は間違いなく殺人鬼と呼ばれた人間、しかしただ殺すのが趣味だったとか、殺すことに意味など求めず本能のままに生き甲斐として、殺していたわけでもなく。 ただ、動かない女というものに興奮してしまったのである。 世にも奇妙な、近年まれにみるネ…

『SMくらぶっ!』 プロローグ

ーーー世界は私の面白いように出来ているーーー ーーーいいや、そんなことはないーーー とあるホテルの一室。 その一室は「0号室」と呼ばれており、最寄りに他の部屋はない。 まあ、ようするに、このホテルのVIPルームであるところだ。 VIPルームであるのだ…

絶対無敵、愛の告白!

みんな、唐突ですまないのだが「愛の告白」はしたことがあるだろうか。 きっとほとんどの人が経験したことがあるのだろう。 そしてその時、胸に秘めた恋心を相手にぶつけたのだろう。 例えば 「ずっとまえから好きでした、付き合ってください」「初めてみた…

不良更生善良術

"不良" 人間のほとんどがなってしまうもの。 どうしてこうなってしまうのだろうと今も思う。 それは私自身も中学生の頃、そんな感じになっていた時期があったからだ…。 中学生の頃だったか、悪いことを故意にすることで存在意義をなしていたときの頃。 消し…

リア充について、俺の見解

「リア充とは一体全体なんだろうか?」 ある日、友人と話していたらこんな話題が出てきた。 僕はこの問いに答えるのになかなかの時間を要した。 で結局こう答えた。 「リアルが充実している人」 そのままだった。 なんのバラエティー性もない、模範解答のよ…

『AVから学ぶ』最終話 青春

これぞ、戦い。 男と男の意志を交えた争い。 <戦争>とでも比喩してみたいがここは<青春>と暗喩しておこう。 スーッと何かが風を切る音。 那珂の拳が俺におしよせてくる。 それを俺は磨かれ学習しつくされた体で簡単に容易に軽くことごとく避けた。 那珂…

『AVから学ぶ』第8話 対峙

—―—正念場。 いや、高校生というジョブの観点からいうとこれは青春。 紛れもない青春である。 「おい、お前、さっきまで俺の黄泉子と何やってた」 昼食。 男は俺の教室の前に立って、鋭い眼光で俺を睨みつけ、憤怒を混じらせた語気で俺にそういった。 怒って…

『ラブドール』第2話 人形解体作業

朝、私は美鈴を手放すことを決心し心が晴れやかになった。 まだ、新しいラブドールは買っていないが、それでも美鈴からの呪縛から解き放立てたと思うと心が救済された気分になる。 ……今日も仕事頑張ろう! 覇気のない、消費される日々におさらばできると嬉し…

『ラブドール』第1話 曇る毎日

彼女、美鈴と結婚して一年が経った。 今日もなにも変わらず、いつものように毎日が始まった。 怠い体を起こし、ベットから立ち上がった私はカーテンを開け朝日を浴びた。 リビングに向かうといつも美しく麗しい彼女、美鈴がいた。 パジャマ姿の状態を美鈴に…

彼女をつくりたいと思っている、そこのあなたへ~積極性~

やっとこの 彼女をつくりたいとおもっている、そこのあなたへ というブログが完成します。 私の惰性のあまり随分と時間がたってしまいましたが、この記事で完成です。 では! 最後の ・彼女を作ろうと思う強い姿勢 ・女の子に対する態度や仕草 ・日々の行動…

2016年 思い出ベスト10

あと少しで今年も終わりですね。 今年何があっただろと……と感慨深く考えてみますがなかなか明確に覚えているものも少なくほとんど朧げです。 全く古典的な話だ。 しかしながらあやふやのまま今年を終えるには何かしまりが悪い気がしますので、ここで今年あっ…

彼女をつくりたいと思っている、そこのあなたへ〜日常編〜

まず、謝罪です。 前回から1ヶ月も更新していなくてすいません。 ーーーーーーーーーー では気を取り直して、今回は!! ・彼女を作ろうと思う強い姿勢 ・女の子に対する態度や仕草 ・日々の行動や身だしなみ ・積極性 のうちの3つ目の ・日々の行動や身だ…

2017年冬アニメ考察~前編~

もう2016年も終わりに近づいてきましたね。 新しい年を迎えるにあたって2017年のアニメがどうなのかと脳裏によぎる人もちらほらいるのではないでしょうか。 先ほど冬アニメの一覧を見ましたが知らないものばかりでした。 そこで長年?数年ほどアニメ…

『AVから学ぶ』第7話 弁当

「お、お昼一緒にどうですか!」 彼女の開けた口からは俺が予想もしていない言葉が発せられた。 それに対し、俺は数秒硬直し、たじろいでしまったが、ナチュラルに「はい」「いいよ」と(正確にはもう覚えていない)が声高に返事してしまっていた。 例のお昼…

彼女をつくりたいと思っている、そこのあなたへ~態度・仕草編~

前回の ・彼女をつくろうとおもう強い姿勢 からのつづきで 今回は ・女の子に対する態度や仕草 でしたね。 前回のようなゴミみたいな作文にはならないように注意して今回も頑張っていきたいと思います。 なんせ今回は結構書きやすそうですし。大丈夫 それで…

彼女をつくりたいと思っている、そこのあなたへ~気持ち編~

前回、予告した通り 恋愛において大切な四つの事柄を一つずつ解説する、と書いていましたね。 今回は四つの ・彼女を作ろうと思う強い姿勢 ・女の子に対する態度や仕草 ・日々の行動や身だしなみ ・積極性 のうち ・彼女をつくろうと思う強い姿勢について 詳…

彼女をつくりたいと思っている、そこのあなたへ

学生ともなれば恋の一つや二つしてみたいですよね。 そこで今回は彼女をつくるために恋愛について拙く紐解いていこうと思います。 まず恋愛とは? え? そんなの知ってるわ!って みんな認知しているものでありますが、彼女をつくるためにもしっかりと理解す…

『AVから学ぶ』第6話 奇跡

四時間目は現代文だった。 直哉は優等生だけあって四時間目からの授業参加にはうるさく言われなかった。 担任教師からは「次からはないように」と戒められたが、怒りの様子は一切感じられなかった。 いちいち怒られて時間を割かれていてはあの子について考え…

『AVから学ぶ』第5話 再生2

今現在、二時間目の半時ほどの時間であるが屋上にいる。その所以はもちろん名前もしらないあの彼女とコンタクトをとるためだ。せっかく屋上で一人になって考えてみるものの、なかなかグッとくるアイデアが思いつかない。 その原因も直哉が今まで自分の意志で…

『AVから学ぶ』第4話 葛藤

前書き前回からの話まで見てきて、これは本当にアダルト小説なのか? と疑う人が多いと思います。なので今回からアダルト要素を全面的に取り入れていきたいと思います。(多分) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「あ、あの――――」結局、続きの言葉…

『AVから学ぶ』第3話 変化

いままで何にも感じさせないモノクロだったような世界が昨日の出来事で大きくひっくり返った。 ―――色づいている。 うるさくて、うざいと思っていた女子高生たちが美しくそして可愛らしく思えてくる。 どうしてだろう。なんでだろう。 込み上げそうな涙をぐっ…

『AVから学ぶ』第2話 再生

走って家に帰った。 俺は運命的な出会いもとい奇跡的な出会いをしたのだ。 人は人一人語るのにその人の生きた時間の分だけ要するというのだけれど、俺の場合はもう時間という程の時間は要さず、たった一言で語ることができるのだ。 ーー今まで完璧だった――と…

『AVから学ぶ』第1話 出会い

俺、川内直哉はスポーツ万能、頭脳明晰、またそのほかのいろいろなものに長けている。さらには神にひいきされたかの如く整った顔立ちであり、なおかつ高すぎずも低すぎない何とも言えない絶妙のバランスを持った体躯をしている。 なぜここまで完璧すぎる人間…