読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東ッタゆらぎ

先日あったことを記します

2016年 思い出ベスト10

 

あと少しで今年も終わりですね。

今年何があっただろと……と感慨深く考えてみますがなかなか明確に覚えているものも少なくほとんど朧げです。

全く古典的な話だ。

しかしながらあやふやのまま今年を終えるには何かしまりが悪い気がしますので、ここで今年あったことを整理して来年に臨みたいものです。

そんなわけで今年あった思い出を順位づけていこうかなと思います。

 

というわけで

 

10位 小島T瞬間的死亡説

 

これは火災訓練のときに起きた出来事。

火災訓練がおわり、生徒全員が集まっていた機会だったので生徒指導部の代表として連絡をしたときのこと。

途中まで淡々と話していた小島Tが止まった。

始めは時間が止まったのかとメルヘンチックなことを考えてしまったが、周りもざわついていたので、どうやらとまっていたのは喋っていた彼だけのようだっだ。

 

あのときの時間の硬直はだれも説明できない。

いろいろあって瞬間的死亡説が友達間で噂になった。

 

9位 マツダT勃起症候群

いろいろ考えたのだが彼は欲求不満だったと思う。

もっと彼に優しくしてあげたらいいと思う。

彼の髪の少なさを旧友は「性欲が強い」と言ってのけた。

俺も先生とか目上の人間にずっぱし主張してみたいと思った。

 

8位 私の二学期の体たらくぶり

全然、勉強頑張らなかった。

恥じるべきことだった。

向上心が少なからず湧きました。

三学期は頑張ろう。

 

7位 古市で無理やり知らねえ奴にラインを交換したこと

ほんと無理やりでした。

遊戯王をやっていたので「一戦どうですか?」 まではよかったが、デュエル中に「モンスト」の話をしてしまい相手は興奮。

あまりモンスト詳しく無いのに

そのままマルチを強引にやらされ、マルチのためだといいながらラインを交換。

ほんとに冷や汗かいた。

友人に笑われた。

ラインの名前は現在「けんけん」

職業はフリーター。(簡単に言ってのける度胸だけは感服)

 

6位 テストの点で女の子にアプローチそれかテンガまたは脱毛

これは本当にたいへんだった。

あるものは坊主にし、あるものは女の子に告白。

俺は何もやってない。

テストの点で罰ゲームをやるのはもうコリゴリだ。

 

5位 私、掃除大好き説

無断欠席をした罪。

ほんとにたいへんだった。

教師からは呆れられ、ある教師Iからは嘲られるまであった。

泣けてくる。

だが俺の掃除が学校を綺麗にしているんだと実感すると献身的でよろしい。

 

4位 自室にコタツ再度搬入

こたつーはひとをーだめぇぇぇーにすーるー

清廉潔白で生真面目な女の子を俺のベットではなくコタツに連れ込みたい。

普段から真面目な女の子でもダメになった時の様子を観察したい(サイケ変態思考)

 

3位 野宿

これはなんか焦った。

友達のbloggerは忘れているのか?

一度経験していることがあっても、法律というものは恐ろしかった。

最善の準備をしないといけないな。

人生ゲームの楽しかったし、J君とのAV鑑賞も素晴らしかった。

まあ、なかなかすることではないからこれから経験するのも人生においてプラスだと思う。みんなにすすめる。

 

2位 母親の飯

年中無休まずかった。

この状況に共感を持てる人は少ないかもしれないが、本当の話。

まずいまでは言い過ぎかもしれないが長年食べて思う。

ーーー合わない。

だから今年はそのことに明確に感じ取ったため、将来は美人で料理の上手な女の子と結婚したいと思った。

 

1位 日常

これがやはり一番の思い出。

どうでもいい一日を消費していると気づけばたくさんの日が経っている。その1日1日の出来事が記憶に集約され、いい思い出となっている。

些細な思い出さえ、集まれば大きなものとなり、そこらへんのリア充カップルの一生思い出、所謂「一生の思い出!!ディズニーデート!!」を超越する。

そう考えると俺のほうがリア充なのではないのかと実感してしまい驚く。

誰が一番、思い出が良かったとか幸せだとかは比較しても意味が無いのかもしれないけれど、俺のようにこう考えると世界は明るく見えてくる。

そう!!ニートたちよ!!立ち上がれ!!窓を開けて!!空を見上げるんだ!!

さすれば希望が待っている!!!

 

 

というわけで今年2016年の思い出ベスト10の発表でした。最後はなかなかキザなやり方でしたがまあいいとしましょう。

 

あ、あと!今年の僕の流行語は

「勃起」です。

 

多分、一番言ったと思う。

ほんと便利だよね勃起

 

それでは!さようなら